旦那のもっさい頭にイラっとする

旦那は髪の毛がぼさぼさで困っています。はげてはいないのですが、セットするのが面倒くさいらしく、いつも誤魔化す為に帽子を被るようにしています。

帽子を被るのは別に構わないのですが、問題はお店に入った時に帽子を脱がない事が嫌でなりません。

以前私の親友と3人でカフェをしに行った時、旦那はその時も帽子を取りませんでした。親友は旦那さんはげてるの?と聞いてきました。正直すごく嫌でした。

カットに行くように言ってはいますが、全く行く気はない様です。確かにカット代はタダではないしお金もかかりますが、いい加減行って欲しいです。

清潔感があまりにもない。一度仕事に遅刻をした罰として、坊主にさせられた事があったのですが、その時の方がスッキリして良かったです。

強制的に行かせるといういい方は悪いですがその様なことがない限り、カットに行く気力はない様子なのです。今度一緒にカットに行こうかと誘ってみようかと考えています。隣にいるのが恥ずかしいです。

若いころ、合コンで出会った時は、まだ髪もキチンとしていて合コン 服装もイケてたと記憶しているのですが…人は変わるものですね。

独学で英語勉強しても大丈夫かな。

英語を独学で勉強してマスターした人もいるのかな?
独学と言えども、本屋さんとかで教材を買ったりしているとは思うけれど、どうなんだろう。
ただ、言葉というのは相手がいてやっと生きてくるものだから、いくらCDやDVDでマスターしたと思ったり、ペーパーで理解したとしても、実践になったら全く通用しなかったなんてことになったら悲しいよね。

とすると、独学は難しいか!でも、独学で勉強して、英検やTOEICを受験して自分の実力を試しながら進めていけば、上達も早いだろうか。

でも、やっぱり実践って必要だと思うんだよね。独学でも何とか実践経験のできる場があるといいけどね。外国人のお友達を作るとか外国人がよく行くお店に行くとか。

独学って難しそうだけど、自分のペースでできるし、いろんな英語リスニング教材や出会いがありそうだよね。旅行 英語を身に着けるために私の友人は最近ロゼッタストーンっていう英語教材をはじめた。
私も気になるのでロゼッタストーンの口コミを色々ネットで調べてみたけど、確かに結構評判は良さそうです。

英語教材を買うのであれば、今のところロゼッタストーンが第一候補かな。フランス語教材など他の言語のバージョンもたくさんあるくらい人気の教材のようですから。

ただ、壁にぶつかった時に相談できる人がいないとその先に進むのに時間がかかりそうだよね。一緒に頑張ってくれる友達でも探すかぁ。

青汁ランキングってどうなの?

最近は、ネットで調べればほとんどのものにランキングがついてくるので参考にできる。ランキングと言えども、やっぱり他人の感想や実感であって自分に当てはまるとは限らない。そのことを前提に参考にしたいね。

野菜不足を気にしている人などは青汁のランキングもあるから参考にしたよね。青汁って価格もそれなりにするし、味もそれぞれ違うから失敗はしたくない。

青汁ランキングもいいし、栄養素のランキングとかあるといいなぁ。青汁に期待する効果をランキングで見られれば、自分にあった青汁を見つけやすいよね。

原材料でもいいかもしれないね。以前青汁買ったけど、飲めなかったという人がランキング上位の違う原材料で作られている青汁でおいしいという口コミが多い青汁に再チャレンジしてみても面白いかもしれない。

今は、ランキングも一つではない。自分が一番重要に思っている事柄のランキングがあれば、それを検索してチャレンジして欲しいものですね。それで、おいしかったり、その効果がでたら、今度は自分で口コミをしたり投票したりランキングに参加してみるのもいいね!

発毛効果が目に見えるミノキシジルタブレット

ミノキシジルタブレットの発毛効果は抜群です。夫が四十路を過ぎ、毛がテッペンから薄くなってきました。

夫自身は見えない場所なので気にしてなかったのですが、中途入社の若い社員に指摘されてしまいました。

それから夫は色々な育毛剤を使いましたが、産毛が生えたかな程度の効果しか出ず、落ち込みに拍車がかかってきました。

そんな時に、知人からミノキシジルタブレットの事を聞き、早速夫が使い始めました。

飲むタブレットなので、副作用が気になりましたが、幸い夫は健康体ですし、飲酒もしないので、胸毛が太くなった位です。

ミノキシジルタブレットを朝晩欠かさず飲んでいた事と、頭皮を清潔にしていたので、3ヶ月の使用でフサフサです。

飲むだけの育毛剤とは言え、やはり体調管理をきちんとして、頭皮を綺麗にしておく方が、発毛効果は高いと思います。

1ヶ月で効果が出るくらい強い薬なので、副作用も人によっては強く出るらしく、それが無いのが幸いしました。

年配者もスマートフォン

スマートフォンの普及が加速していますが私の周りではまだまだガラケーがいいという意見も多いです。
しかし一番懸念していた「年配者がスマホを使えるのか」という点においてもスマホ業界は対策を練っていましたね。

らくらくフォンのスマホ版が出てるんですね。
シンプルで年配者でも簡単に使えるというものです。

でもインターネットの高年齢化が進んでいても、無理やりやらせるっていうのもちょっと疑問ですね。

電話だけ出来るというものでいいのではないでしょうか。
もうガラケーの時代は終わってしまうのかなあ。

私の印象だと今までインターネットに興味がなかったり、使う機会がなかった人がスマホにハマっているという気がします。

だから、そういう人たちにきっかけを与えたということにおいては素晴らしい出会いですね。
でも今までネットに携わっていた人間からすると、便利とは思えないんですけどね。

画面小さいし、定額料金が高すぎる。
アプリをしたりするには楽しいけど、お金がかかり過ぎるような・・・
みんなスマホ業界の戦略に乗りすぎです。

CMの反響とはおそろしや

そういえば数年前ちょっとした話題になったCMがありました。話題といっても良い方の話題ではなく、批判が殺到して放映中止にまでなった、ダメな方の話題です。

某世界的有名脱毛・徐毛ブランドの「男性化のリスクを防げ!」って題されてたCMシリーズなんですが、私はフツーに何も思わず、皮肉った感じの笑い狙ってるCMだと思ったんですが、批判の内容なんかを見ていると、なるほど奥が深いなあと思いました。

「彼氏と迎える朝編」と「タクシー編」と「救急病院編」と「ペディキュア編」の計4本があったみたいなんですけど、「彼氏と迎える朝編」は、彼氏と一緒のベッドで朝迎えたら、彼氏が彼女のチクチクの脚を触って、パニック状態に陥るっていう展開。

「タクシー編」は、ノースリーブの女性が手を挙げてタクシーを拾おうとして、上げた脇にある毛を目にしたタクシーの運転手に乗車拒否されてしまう展開。

「救急病院編」では救急士にすねの毛を見られて目を丸くされる展開、「ペディキュア編」は、服をめくられるのを拒否する女性客の足のすね毛を見たネイリストに「これは最低、ありえない…」とつぶやかれる展開で、いずれのパターンも「昨日ケアしたんだけど…」と言った途端に、ムダ毛の処理をしなかった女性がモジャモジャの男性に変わってしまって、恥をかくという展開になっていくんですが、ツイッターとかでかなりの悪反響だったようですね。

そういわれてみれば確かに「女性がすねや脇の毛の処理を怠っただけで男扱いされる」っていうメッセージにもとれる設定と展開ですし、女性からの批判が殺到したのも頷けます。

特に無駄毛処理っていうとすごくデリケートなところもあるし、そういうところを意識しながら生きている女性にとっては余計にガツンと悪い意味合いで響いてしまうのかもしれないです。

確かに脱毛とか徐毛とかは女性が対象になっていることが多いのが現実ですが、当然男性だって意識している人はいるし、毛深さを気にして処理している人だっているわけですから、確かにそういう商品を扱う会社としてはターゲットの把握ミスっていう初歩的なところも含んで浅はか過ぎたような気もします。

男女差別って根深いですよね、特に女性が強いたげられる感になってるのって何でなんでしょ。

やっぱり現実問題体格的に力がないからかなあ?いざとなったら力が弱い方がやられちゃうのは生物の普遍的な絶対条件な気もしますしね。

倫理的に精神的に、それぞれに強みや弱味・魅力があるとか言われても、結局物理的なところの真相心理が根強いんでしょうか。いずれにせよ、大衆向けのもの目にする人の殆どが心地よく、残りは無関心なくらいがちょうど良いのかもしれませんね。

などと思いつつも、女性の私は結局せっせと脱毛サロンに通って脱毛に取り組んでいるんですけどね。世の中の風潮に正々堂々と逆行するというのは難しいと思います。