要る?要らない?妊娠中のコンドーム

もう妊娠してることがハッキリ分かってるんだからコンドームなしでもいいじゃん!生挿入生中出しさせてよ!そうせがむご主人は結構いらっしゃるのではないかと思います。でも本当にコンドーム無しでも大丈夫なのでしょうか?

確かにすでに妊娠してしまっている以上、避妊という点からすればコンドームは意味を失っています。しかしコンドームというものは避妊にのみ使われるものではなく、愛し合う二人と、生まれてくる赤ちゃんの幸せを守るためにも重要な役割を持っているのです。

実は精液には、子宮を収縮させるホルモンが含まれています。しかし妊娠中、特に初期と後期には子宮への少しの刺激でも流産や早産のリスクが高まりやすくなっています。もしせっかく授かった愛の結晶が、それにプレママさんの命が脅かされるようなことになった……それを思う時、妊娠中だからコンドームなしでのセックスはOK、とは、言い難いものがあるのです。

あまり考えたくないことですが、性感染症の問題もあります。クラミジア、トリコモナス膣炎、ヘルペス等々。感染症は性感染症に限らず風疹などもありますが、いずれにしても防ぐに越したことはありません。性感染症は母体や胎内の赤ちゃんに対して重篤な影響を及ぼすものもあればさほどリスクの煮物もありますが、そういう問題ばかりでないのも言わずもがなです。

このように、妊娠中は適切な注意を払いながらセックスをする、特にコンドームを使用してセックスをするというのは、大変大事なことなのです。

妊娠中のセックスに関連しての夫婦仲維持のアドバイス

妊娠中の母体には、様々なマイナートラブルがつきものです。つわり、便秘、貧血などがあり、特につわりは夫婦間のセックスに大きな影響を与えてしまいます。妊娠初期では1日中治まることのない気持ち悪さに耐えることは勿論ですが、臭いに敏感になるので、夫の臭いが苦手になり、つわりの症状を悪化させることも少なくありません。夫婦関係を持つこと以前に近づくことさえも拒んでしまうことがあります。

そして安定期に入りつわりが治まったころには、今度はお腹が少しずつ大きくなるので、妻というよりも母親になるという意識が芽生え始めます。子どもに意識が行ってしまうので、そんな気分にはなれないと夫の誘いを断りがちになる可能性があります。夫も大きくなったお腹に少しずつ父性が目覚める場合もありますが、基本的には妻の妊娠前と性欲は変わりません。

そこで、つわりによってどのような症状が体に起きているのか、妊娠をしてどのように気持ちが変化していったのかを夫に伝える必要があります。そして断るときにも、スキンシップなどの別の方法でコミュニケーションをとりながら夫の気持ちを大切にしましょう。理解をしてもらえたところで、体調が良い日や、気分が良い日はできるだけ夫の誘いに応じるように心がけましょう。また、自分から誘うのも良いと思います。自分の体調や気分は自分が一番よく分かっているので、良いタイミングの時に自分から誘うようにすれば、きっと夫も喜んでくれるはずです。